1

Noteboxへようこそ

3 min read

Noteboxへようこそ

Noteboxは、サイエンス・エンジニアリングに関する知見を共有して、対価を得ることができる場所です。

知見をシェアする方法として、

  1. Note
    • 単体の記事。ローカルやGithubのファイル(Jupyter Notebook or マークダウン)をそのまま記事にできます。もちろん白紙からマークダウン記法で執筆できます。
  2. Box
    • Noteをまとめたもの。一連のプロジェクト・学習の記録、教材、本、コース、ドキュメントなどのシェアに適しています。

の2種類があります。以下それぞれ詳しく説明していきます。

Note

Noteでは、記事のソースファイル(ipynb, md)をその場でダウンロードできたり、他の実行環境(現在はGoogle colaboratoryのみ)に簡単に移ることができます。

Noteを作成する

Noteの作成方法は2通りあります。

  1. 白紙から書く
  2. ファイルを読み込む
    • 記事は現在Jupyter Notebook、マークダウンの2種類を記事にすることができます。

Noteは下書きとして保存するか、公開するか選べます。

白紙から書く

「白紙から書く」をクリックすると、白紙のNote編集ページに移ります。

マークダウン記法で記事を書くことができます。また、エディター右上の画像アイコンをクリック、またはアイコンに画像をドラッグ&ドロップすることで画像が挿入されます。

ファイルを読み込む

「ファイルを読み込む」をクリックすると、ファイルを読み込むためのモーダルが表示され、ローカル・Githubからファイルを読み込み、Noteに反映することができます。

Githubのファイルをブラウジングするために、連携する必要があります。

連携ボタンをクリックすると、サービスとの連携が求められるので、同意すると、元のページに戻り、ファイルをブラウジングすることができるようになります。

公開された記事では、読み込んだファイルを読者がダウンロードすることができます。

有料公開の設定をする

「Noteの設定」をクリックすると設定モーダルが表示され、有料公開するかどうか選ぶことができます。有料公開する場合は、Noteの値段(100 ~ 50000円)と無料公開の範囲を設定することができます。

Noteを編集する

自分のNoteページ、または自分のアカウントページからNote編集ページに移ることができます。

変更内容がNoteページに反映されるには数十秒ほどかかります。

Box

工事中。。。

著者をサポートする

Noteboxでは知見を共有してくれた著者をサポートすることができます。サポートの方法は以下の2種類があります。

  • 投げ銭:100~50000円の範囲でサポートできます。静かに応援したい場合にオススメです。

  • スーパーコメント:100~50000円の範囲でサポートできます。金額に応じてコメントの色が変わり、Discussion欄で自分のメッセージが上位に表示されるようになります。お礼・応援のメッセージや、注目してもらいたい発言をしたいときにオススメです。

手数料について

報酬を受け取るには以下の手数料がかかります。

  • 決済手数料:ユーザーが払った報酬の3.6%がStripeへ支払われます。
  • プラットフォーム手数料:ユーザーが払った報酬から決済手数料を引いた10%がNoteboxへ支払われます。
  • 振り込み手数料
    • GMO あおぞらネット銀行口座の場合:無料
    • GMO あおぞらネット銀行口座以外の場合、3 万円未満  166 円 (税込) / 件、3 万円以上  261 円 (税込) / 件

例えば10000円の総売上が発生し、三菱UFJ銀行口座を登録している場合、受け取れる額は

(10000360)(10.1)166=8510(10000-360)*(1-0.1)-166 = 8510

より8510円となります。

振込申請は受け取り可能な売上額が1000円以上となると可能になります。1000円以下ではAmazonギフトカードで対応いたします。その際はお問い合わせください。

フィードバックする

ご要望・ご不満な点などがございましたら、右下の紙飛行機ボタンを押した後に出てくる「お問合せフォーム」から、もしくは noteboxteam@gmail.com までご連絡ください。

Discussion

コメントにはログインが必要です。